都議会一般質問 自民都議「『国にブロックされる』は印象操作」 小池百合子氏「マリオ出演だけでなくもっと関わってほしい」

 小池百合子東京都知事が代表を務める国政政党「希望の党」の設立会見が開かれた27日、都議会では一般質問が行われ、自民都議が「(東京五輪・パラリンピックの)大会準備に向け『国にブロックされる瞬間がある』とは具体的にどの場面なのか。印象操作だ」と小池氏が「希望の党」の代表就任を表明した際の発言に関して答弁を求めた。

 自民党の川松真一朗都議は一般質問の冒頭、「国政に踏み出す理由として『国にブロックされる瞬間がある』『国に関与してほしい』旨の発言をしたが、具体的にどの場面のどの事象を指しているのか」と質問。「思い付きで五輪関係者を混乱させてきたのは知事や特別顧問だ」と強調した。

 これに対し、小池氏は「役割分担や経費分担についてオールジャパンの準備態勢を整備してきた。誰もがやってよかったと思える大会を実現しなければならないと開催都市の長、首都の長として決意を強く抱いている」と説明。具体的事象に触れるのは避けた上で、「国にはもっと全面的に大会に関わっていただきたい、マリオとして出演するだけでなくもっと関わっていただきたい、そうした思いを吐露した」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ