衆院解散 公明党が比例27人の公認決定 井上義久幹事長ら定年制の適用外

 公明党は26日の常任役員会で、衆院選の第2次公認として比例代表27人の擁立を決めた。井上義久幹事長(70)、石田祝稔政調会長(66)、桝屋敬悟政調会長代理(66)については「任期中に69歳を超える場合は原則公認しない」との内規の適用外とし、公認した。山口那津男代表は記者会見で「今後も党運営に必要な人材だ」と理由を説明した。

 2次公認は次の通り。(「新」は新人。表記なしは現職。敬称略)

 (比例代表)

 【北海道】佐藤英道

 【東北】井上義久、真山祐一

 【北関東】石井啓一、岡本三成、輿水恵一

 【南関東】富田茂之、古屋範子、角田秀穂

 【東京】高木陽介、高木美智代、佐近康昌(新)

 【北陸信越】太田昌孝(新)

 【東海】大口善徳、伊藤渉、中川康洋

 【近畿】竹内譲、浮島智子、樋口尚也、浜村進

 【中国】斉藤鉄夫、桝屋敬悟

 【四国】石田祝稔

 【九州】江田康幸、遠山清彦、浜地雅一、吉田宣弘

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ