韓国に強い懸念伝達 慰安婦追悼碑の設置で菅義偉官房長官

【歴史戦】

 菅義偉官房長官は26日午前の記者会見で、韓国政府が国立墓地に慰安婦の追悼碑を設置する計画を発表した状況について「(慰安婦問題の)最終的で不可逆的な解決を確認した(平成27年の)日韓合意の精神に反する。日韓双方が未来志向の関係を発展させようと努力している中で水を差しかねない」と不快感を示した。すでに、韓国側に強い懸念を伝えたという。

 菅氏は「日韓合意は日本と韓国の首脳が合意し、国際社会にも約束したことで着実に実行していくことが極めて大事だ」と強調し、韓国側に合意の履行を求めていく考えに言及した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ