安倍晋三首相「国難突破解散」 北情勢、未曽有の危機迫り決断

 今回の解散・総選挙は、未曽有の危機への判断と対応を誰に、どの政党に任せるかという重大な選択の場でもある。今そこにある危機に目をつむり、森友・加計学園問題をつぶす疑惑隠し解散だなどと矮(わい)小(しょう)化する野党や一部メディアは、あまりに無責任にすぎよう。

 解散・総選挙によって衆院議員は一時的にいなくなるが、別に内閣が解散するわけではない。衆院議員の不在自体が、混乱を招くかのような論調も誤りだ。政府の危機管理・対応は途切れなく続くし、衆院選中も菅義偉官房長官と小野寺五典防衛相は原則東京にとどまる方針だという。

 安倍首相だけの問題ではない。国民もこの強い危機感を共有できるかが問われている。(阿比留瑠比)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ