衆院解散 拉致被害者を救う会会長の西岡力氏「拉致解決、積極的議論を」

 ■拉致被害者を救う会会長の西岡力麗澤大客員教授の話

 「重大な人権問題の拉致は本来、国論を割る議論ではない。安倍晋三首相は国際社会と協調して北朝鮮に圧力をかける従来の方針を確認し、拉致解決にも全力を尽くすと表明した。このまま任せられないという党派があれば、ぜひ対案を示し、積極的議論を行うべきだ。北朝鮮が拉致を認める平成14年までは『拉致が存在するか否か』が争点だった。その後は制裁の可否が争点となった。そして今、核・ミサイル開発を強行する北朝鮮とどのように向き合うのか、各党は確固とした姿勢が求められる」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ