衆院解散 共産・志位和夫委員長「窮地逃れるための冒頭解散」

 共産党の志位和夫委員長は25日の記者会見で、安倍晋三首相が28日に衆院を解散すると表明したことに対し「(首相は)なぜ臨時国会の冒頭に解散するか説明できなかった。学校法人『森友学園』『加計学園』隠しで、自ら招いた窮地を逃れるための冒頭解散だ」と批判した。

 首相が平成31年10月に消費税率を10%へ引き上げることによる増収分を子育て対策などに振り替える考えを示したことについては「教育・子育てという人々の切実な願いを人質にした10%増税宣言だ」と述べ、引き上げを中止するよう求めた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ