北ミサイル 菅義偉官房長官「明らかな挑発行為。断じて容認できない」

 菅義偉官房長官は22日午前の記者会見で、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長がトランプ米大統領の国連演説を非難する声明で「史上最高の超強硬対応措置」に言及したことについて「地域と国際社会の安全保障への明らかな挑発行動で、断じて容認することはできない」と非難した。その上で「いかなる事態にも対応できるよう安全保障面を含め日米、日米韓の協力を進めて国民の安全を守るために最善を尽くす」と述べた。

 菅氏は、北朝鮮の李容浩外相が「超強硬対応措置」について太平洋上での水爆実験を示唆したことに関し「発言は承知しているが、政府としては常にありとあらゆる事態に対応できるように、万全の警戒監視態勢を敷いて対応していきたい」と述べるにとどめた。

 また、トランプ氏が北朝鮮への独自制裁を強化する大統領令に署名したことについては「トランプ大統領が国連の演説で示した北朝鮮に敵対的な行動を止めさせるという決意を行動で示した。新たな段階の圧力をかけていく観点から強く支持をしたい」と評価した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ