「魔の2回生」なぜ不祥事頻発? 実力は1回生程度のレベル

 衆院当選2回の自民議員に不祥事が頻発した背景には何があり、有権者はどのような観点から投票すればいいのか。

 政治評論家の有馬晴海氏は「『安倍1強』と言われた時期が長く、首相の政策に支持を表明していれば党から追い出されたり、公認を外されたりすることもない」として、緊張感がない政治環境の影響を指摘する。

会見に臨む豊田真由子議員=18日、埼玉県新座市(春名中撮影)

会見に臨む豊田真由子議員=18日、埼玉県新座市(春名中撮影)

 2回生は自民への“風”に乗って勝利した。「汗をかかずに当選した彼らには、この程度で当選できるのかという油断がある」と有馬氏。「政治の実力は1回生程度のレベルしかない」と冷ややかだ。

 候補者の華やかな経歴に注目が集まりがちだが、「必ずしも政治家に適した人材とは限らない」とし、有権者には政策で判断する目を養うよう訴えた。

 ハリウッド大学院大学の佐藤綾子教授(パフォーマンス心理学)は、2回生議員を「安倍首相に目をかけられ、実力以上に急に偉くなったように錯覚してしまったのではないか」と分析する。

次ページさらに、豊田真由子氏や務台俊介氏らが仕事上の行動で…

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ