北ミサイル 日米外相が電話会談 制裁決議の完全履行を国際社会に働きかけへ

 河野太郎外相は15日午前、北朝鮮の弾道ミサイル発射を受けて米国のティラーソン国務長官と電話で会談し、北朝鮮への石油精製品の輸出に上限を設定した国連安全保障理事会による制裁決議の完全な履行を、日米韓が連携して国際社会に働きかけていくことで一致した。

 また、米ニューヨークで19日から始まる国連総会に合わせて、日米韓3カ国の外相会談も行う方向で調整していくことを申し合わせた。

 河野氏は会談後、外務省で記者団に対し「北朝鮮には最大限の圧力をかけ、非核化の意思を明確にした上で、対話のテーブルについてもらいたい」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ