北ミサイル 菅義偉官房長官「深刻な挑発行為」と非難 2回目の緊急記者会見全文

 菅義偉官房長官は15日午前、北朝鮮による弾道ミサイル発射を受けた2回目の緊急記者会見で「わが国上空を通過する弾道ミサイルを発射したことは地域の緊張を一方的に、さらに高める深刻な挑発行為だ」と強く非難し、国連安全保障理事会などで「断固たる対応」を取る姿勢を強調した。会見のやり取りは次の通り。

 

■冒頭

 北朝鮮は本日(午前)6時57分ごろ、北朝鮮の西岸付近から1発の弾道ミサイルを東北東方向に発射したもようだ。この弾道ミサイルは7時4分から7時6分ごろ、わが国の北海道地方上空を通過し、7時16分ごろ、襟裳岬の東、先ほど約2千キロメートルといったけれども、現時点では2200キロメートルの太平洋上に落下したとものと推定する。また、わが国領域およびその近くへの落下物は確認をされておらず、航空機や船舶からの被害報告などの情報は確認されていない。また自衛隊による破壊措置の実施はなかった。

 政府としては引き続き、わが国の領域およびその近くの落下物の有無などについて関係機関を通じて確認作業を実施しているところだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ