北朝鮮「日本列島を核爆弾で沈める」 官房長官、声明を強く非難

 菅義偉官房長官は14日の記者会見で、北朝鮮が日本に対し、米国と同調して国連安全保障理事会決議の採択を推進したとして「日本列島の4つの島を核爆弾で海中に沈めるべきだ」と威嚇する声明を出したことについて「極めて挑発的な内容で言語道断だ。地域の緊張を著しく高め、断じて容認できない」と強く非難した。

 同時に「北朝鮮は今の道を進んでいくのであれば、世界からますます孤立し、明るい未来を描くことはできない。安保理決議の完全な履行を通じ、国際社会全体で最大限の圧力をかけ、北朝鮮の政策を変えなければならない」と強調した。

 また菅氏は、北朝鮮による新たな弾道ミサイル発射などを念頭に「引き続き強固な日米同盟の下に高度な警戒監視態勢を維持し、国民の安全、安心を守るために万全の態勢で臨んでいる」と語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ