日本のこころ、無投票で中山恭子代表を再選 

 日本のこころは13日、代表選を告示し、中山恭子代表(77)が立候補を届け出た。他に立候補者はおらず、無投票再選を議員総会で正式決定した。任期は10月1日から2年間。中山氏は中野正志幹事長の再任を決めた。

 記者会見した中山氏は、4月に策定した党憲法草案を軸に政策を打ち出し「党勢拡大へ努力する」と意気込みを語った。

 中山氏は2015年10月、次世代の党の党首に就任。その後、党名や綱領、役職名を変更した。就任直前に前任の平沼赳夫元経済産業相が離党するなど党勢が衰退し、現在は参院議員2人のみ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ