ジュネーブで日朝が接触、日本側は抗議

 外務省は13日、スイス・ジュネーブを訪問中の鯰(なまず)博行アジア大洋州局参事官が12日に北朝鮮外務省のチェ・ガンイル北米担当副局長と接触したと発表した。北朝鮮が3日に実施した核実験や相次ぐ弾道ミサイル発射に厳重に抗議し、弾道ミサイル発射などを禁じた国連安全保障理事会決議を順守するよう求めた。

 鯰氏はまた、拉致問題について、北朝鮮が日本人被害者らの再調査を約束した平成26年のストックホルム合意を履行し、一日も早く全ての拉致被害者を帰国させることを強く求めた。

 鯰氏はスイス外務省などが共催する半官半民の国際会議に出席するためスイスを訪問した。会議の合間に複数回に分けてチェ氏と接触したという。

 外務省は今回の接触について、朝鮮半島の非核化を協議する本格的な「対話」ではなく、核実験などの挑発行動に抗議することが目的と位置づけている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ