「米国は核実験だけでは北朝鮮に先制攻撃しない」元海将の伊藤俊幸氏

 京都「正論」懇話会の第56回講演会が13日、京都市上京区の京都ブライトンホテルで行われ、元海将の伊藤俊幸氏が「安倍首相による加憲論~日本の安全保障の行方」と題し講演した。

 伊藤氏は、平成15年に成立した武力攻撃事態対処法で「自衛隊が非常時に(他国の戦力を)公海上で排除できるようになった」と指摘。これを前提に、安倍晋三首相は憲法9条に自衛隊の根拠規定を加える「加憲」を唱えている、と解説した。

 このほか北朝鮮情勢にも言及。米国について「これほど国際法上の根拠に固執する組織体はない」と評し、北朝鮮が核実験を行っただけでは「先制攻撃をしない」との見方を示した。北朝鮮についても「米国に軍事力を行使させるようなばかなことはしない」とみていると語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ