「新党、第2民進でない」小池知事側近の若狭勝氏、民進色強まりを牽制 離党者にらみ

 小池百合子東京都知事側近の若狭勝衆院議員は10日、年内設立を目指す国政新党に関し、自らの主導で構想を進める考えを示した。民進党の衆院議員5人前後が離党を検討している状況に言及した上で「離党者の下で、第2の民進党のような骨格でつくられることはない。離党者に私が加わる枠組みでなく、私のところで軸足を持つ」と強調した。東京都内で記者団に語った。

 政治団体「日本ファーストの会」を立ち上げた若狭氏は、新党結成に向けて民進党を離党した細野豪志元環境相らと政策などを調整中。発言は、民進党色が強まりかねないことをけん制する狙いがあるとみられる。

 民進党議員が離党した場合、新党設立に向けた準備会の結成に参加したい考えとされる。若狭氏は、このうちの一部とは既に会っているとして「離党となれば、基本的な政策や考え方が一致するかを協議していくことはあり得る」と述べた。若狭氏は、自身が主宰する政治塾の塾生の選考を本格化させており、10日、面接を報道陣に公開した。面接したのは8~10日で約300人。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ