山尾志桜里氏不倫報道 子育て世代に衝撃と落胆 「政治は不倫の話題ばかり」

 既婚男性との不倫疑惑を週刊文春で報じられた民進党の山尾志桜里元政調会長(43)が7日、離党届を提出した。同日の会見で疑惑を否定したが、「日本死ね!」のブログを元に、待機児童対策を求めるなど、子育て支援に熱心な議員という印象があっただけに、子育て世代に衝撃と落胆が広がった。

 横浜市の女性会社員(31)は「政治は不倫の話題ばかりだから驚きもしない」とあきれる。1歳の長男は待機児童で、2人目の子供を妊娠中。子育ての問題に直面しているが、「山尾さんは民進党ではエースと期待されていた人にしてこのありさま。育児で政治に期待することは何もない」と不信感を募らせていた。

 山尾氏は昨年国会で「保育園落ちた日本死ね」の匿名ブログを元に安倍晋三首相に舌鋒(ぜっぽう)鋭く切り込み、民進党の“ジャンヌ・ダルク”として一躍脚光を浴びた。

 東京未来大学こども心理学部准教授で、育児工学者の小谷博子さん(45)は「自民党の今井絵理子議員の疑惑報道といい、政界はこんな話題ばかりだ。山尾氏は、働く母親の代表として待機児童問題に取り組んでいたのに残念だ」と声を落す。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ