北朝鮮核実験 日米防衛相が電話会談、北への圧力強化を確認

 小野寺五典防衛相は6日朝、マティス米国防長官と電話会談した。6回目の核実験を強行した北朝鮮に対し緊密に連携して対応するとともに「目に見える形で圧力をかけ続けていく」方針を確認した。

 小野寺氏は今回の核実験について「過去の実験に比べ、はるかに大きく、より重大かつ差し迫った新たな脅威だ」と指摘。マティス氏は、米国の日本防衛に対するコミットメント(関与)は揺るぎないと改めて強調した。

 また、マティス氏は、地上配備型の「イージス・アショア」導入など、日本の弾道ミサイル防衛(MD)能力の向上へ積極的に協力する考えも重ねて示した。

 会談後、小野寺氏は記者団に対し、北朝鮮に弾道ミサイル発射の兆候があるとの報道について「(米国と)情報共有しながらしっかり対処していく」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ