小池知事「豊洲市場への移転を着実に行っていく」 都議会臨時会、豊洲追加対策工事費などの補正予算案を可決

 築地市場(東京都中央区)の豊洲市場(江東区)への移転問題で都議会臨時会は5日、豊洲市場の追加土壌汚染対策工事費や、築地再開発の検討費など移転関連費用として、今年度と来年度分の計73億円の予算案を小池百合子都知事が特別顧問を務める最大会派の地域政党「都民ファーストの会」や公明党、自民党などの賛成多数で可決し閉会した。

 小池氏の移転延期表明から1年以上が経過し、豊洲移転や築地跡地での2020年東京五輪・パラリンピックの準備が本格化する。

 小池氏は臨時会閉会後、報道陣に「多数のご賛同を得て予算をお認めいただいた。豊洲市場への移転を着実に行っていく」と述べた。さらに風評被害払拭に向けて、9日に開催する都民向けの豊洲市場見学会を視察することを明らかにした。また、都議会はこの日、北朝鮮による核実験に対する抗議決議を全会一致で採決した。

工期、千客万来…なお課題

 移転問題は関連予算案が可決し、移転に向けて具体的な作業が本格化する。しかし豊洲市場の追加対策工事のスケジュールが「綱渡り」(都幹部)である上、移転に向けた業界側との調整も難航が予想される。移転条件と位置づけられる豊洲市場の観光拠点「千客万来施設」整備から「万葉倶楽部」(神奈川県)が撤退も検討しており、課題は少なくない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ