谷内正太郎・国家安全保障局長、マクマスター米大統領補佐官と電話会談

 谷内正太郎国家安全保障局長は3日午後、北朝鮮の核実験を受け、マクマスター米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)と約20分間、電話で会談し、「北朝鮮による核実験は断じて容認できない」との認識で一致した。さらなる制裁を含む国連安全保障理事会決議の採択に向けて、日米両国が引き続き緊密に連携することも確認した。

 マクマスター氏は会談で「米国の日本に対する拡大抑止を含めた安全保障上の関与方針は揺るぎない」と強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ