「都民」が小池知事を高く評価 自民は、築地再開発「矛盾」と批判

 築地市場(東京都中央区)から豊洲市場(江東区)への移転関連の予算案を審議する都議会臨時会の本会議が30日開かれ、「都民ファーストの会」は最大会派となってから初めて質問した。小池百合子知事がブレーンの都顧問と固めたとされる豊洲移転・築地再開発の基本方針を「柔軟性を発揮した決断。高く評価する」とする一方、都職員に「着実な実行を」とクギを刺す一幕もあった。

 基本方針発表後、都担当局は行政的な観点から検討を開始。同方針の築地再開発のコンセプト「食のテーマパーク」に対して、豊洲市場内に観光拠点を整備予定の事業者が反発し撤退も検討していることを踏まえ、その後の庁内資料では「食のテーマパーク」の文言は盛り込んでいない。

 「都民」都議は「基本方針と都幹部作成の資料に微妙な食い違いがある」と懸念を表明し、基本方針の実行を求めた。

 自民党都議は「『食のテーマパーク』はこれまでの関係者への説明と矛盾し、混乱の原因になっている」と批判。小池氏は「『食のテーマパーク』は築地のポテンシャルを生かした再開発の一つの考えとして示した。この方針をベースに、具体化を図るためにさまざまな要素を勘案して検討を進める」などと答弁した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ