「反日空想」の慰安婦・徴用工像は増殖 帝國陸軍教育を受けた英雄の像は撤去 福澤諭吉もサジを投げた国

 【野口裕之の軍事情勢】

 《歴史の捏造・粉飾》も《歴史の隠滅》も基本的には、どちらもいただけない。しかし、今次小欄はそこには深く触れない。そうは言っても、《歴史の隠滅》国の説明をしなければ、小欄のスタートを切れない。《歴史の捏造・粉飾》国とは言わずと知れた韓国だが、《歴史の隠滅》国とは米国である。

 米国では、白人至上主義への抗議に端を発し、南北戦争(1861~65年)で奴隷制存続を主張した南軍の将軍像・記念碑を撤去する動きがエスカレートしている。さらに、ニューヨークはマンハッタン・セントラルパーク近くに建つクリストファー・コロンブス(1451?~1506年)の像もターゲットになった。 

 コロンブスは、ヨーロッパ人によるアフリカ・アジア・アメリカ大陸への大規模航海が行われた大航海時代(15世紀半ば~17世紀半ば)において、キリスト教世界の白人としては最初に米国海域へ到達したひとり(諸説アリ)。ただ、先住民の土地を奪い虐殺したなどとして、長きにわたり歴史的評価が分かれてきた。現に、米メリーランド州のコロンブス記念碑は何者かによってハンマーで破壊され、米テキサス州でもコロンブス像に赤い塗料がかけられる事件が起きている。 

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ