「小池百合子都知事は、意思決定過程が不透明」自民が批判

 東京都議会の経済・港湾委員会は25日午後も続き、築地市場(中央区)を豊洲市場(江東区)に移転し、築地の跡地を再開発するとの小池百合子知事が示した基本方針などに対し、自民党都議が「職員との議論の末に得られた結論ではない。意思決定過程が不透明だ」と批判した。

 自民都議は、移転の前提として豊洲の地下水などの有害物質を環境基準値以下にする「無害化」の約束を都が撤回したことを「知事が突如、主張したことで(出席している職員は)誰も説明できない」とも述べた。

 自民は知事が示した基本方針の検討記録を委員会に提出するよう求めたが、都側が「存在しない」と回答したと明らかにした。「情報公開が不足しているのではないか」と主張し、小池知事の委員会への出席を改めて求めた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ