宏池会60年、誇りか重荷か…河野洋平氏の慰安婦問題清算の「ハト派」岸田文雄氏は改憲踏み出せるか

 【政治デスクノート】

 4人の首相を輩出した自民党の名門派閥「宏池会」は今年、創立60年を迎えた。平成24年12月に発足した第2次安倍晋三内閣以降、一貫して外相を務めてきた自民党宏池会(岸田派)の岸田文雄会長(60)が8月3日の内閣改造・党役員人事で政調会長に就任した。外相在任1682日は戦後歴代2位で、吉田茂元首相(1878~1967)の1909日には及ばないが、連続在任としては戦前も含め1位の長さだった。

 安倍外交を支えてきた岸田氏は今回の改造で最後まで去就が取り沙汰された。実は改造直前、党要職への意欲を示すような発言をしていた。7月23日、神戸市内の講演で、こう語っていた。

 「日本では7人に1人の子供が貧困の状況にあると指摘されている。所得の格差によって教育の格差が生じ、さらに所得の格差に拍車をかける。不透明な時代にあって考えていくことの一つとして、持続可能性も一つのキーワードではないかと思っている」

 外相の岸田氏が内政の課題について言及することは珍しい。すでにこの時点で政調会長就任を意識していたのかもしれない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ