民進党代表選 前原誠司、枝野幸男両氏の一騎打ちに 共産党との選挙協力などで早くも目立つ温度差

 民進党代表選が21日告示され、前原誠司元外相(55)と枝野幸男元官房長官(53)が立候補を届け出た。一騎打ちとなった選挙戦は共産党との選挙協力の是非や憲法9条の改正などが争点となり、両氏の温度差が目立っている。離党者が続出する党勢の立て直しが問われる選挙戦ともなりそうだ。9月1日の臨時党大会で投開票が行われ、新代表が選出される。

 前原氏は21日の共同記者会見で、次期衆院選の共産党との選挙協力について「政権選択選挙で理念・政策が合わないところと協力するのはおかしい」と述べた。民共など4野党の党首が6月に結んだ「協力して候補者調整を行う」との合意も「重みは受け止めながら是非もしっかり見直したい」と明言した。

 枝野氏は昨年の参院選で幹事長として野党共闘を主導した経験を踏まえ「党の主体性を最大限持ちながら、できる、できないことをそれぞれメリハリをつける。地域で頑張っている仲間たちを一人でも多く当選させることも責任だ」と語り、共闘路線を継続する考えを示した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ