民進党代表選 前原氏「理念の合わぬ党との協力はおかしい」 枝野氏「民進党の主体性を最大限持ちながらメリハリつける」

 民進党の前原誠司元外相は21日午後、代表選候補者による共同記者会見で、共産党との選挙協力について「次期衆院選は政権選択選挙だ。その選挙で理念・政策が合わないところと協力するのはおかしい」と述べ、「民共連携」路線の見直しを検討する考えを示した。

 また、民共両党と自由、社民の4野党の党首が今年6月に結んだ「4野党が協力して候補者調整を行い、一致したところを順次発表する」という合意に関しては「重みはしっかり受け止めながら、是非についても見直しさせていただきたい」と名言した。

 一方、枝野幸男元官房長官は「野党間でわが党の主体性を最大限持ちながら、できることはできる、できないことはできないとメリハリをつける。現実に地域で頑張っている仲間たちを一人でも多く当選させることも責任だ」と語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ