民進党代表選 21日告示 前原、枝野氏は推薦人確保 野党共闘、憲法が争点に

 民進党代表選(9月1日投開票)が21日、告示される。これまでに前原誠司元外相(55)と枝野幸男元官房長官(53)が立候補に必要な20人以上の推薦人を確保した。出馬を目指す井出庸生衆院議員(39)は推薦人集めに苦労しており、選挙戦は前原、枝野両氏の一騎打ちとなる公算が大きい。共産、自由、社民との4野党による選挙協力の是非や憲法改正が主な争点になる。

 前原氏は20日、東京都内のイベントに出席した後、埼玉県北本市の党員・サポーター集会に臨み、「野党共闘ありきではダメだ。相手に気兼ねし、言いたいことを丸めるような政党になったら、野党第一党としての矜持(きょうじ)がない」と述べ、共闘路線を修正する可能性を改めて示した。憲法改正については「共産党は反対だが、政権を目指す政党なら憲法の議論は堂々としたらいい」と述べた。

 枝野氏は、国会内の議員事務所にこもり、勝敗のカギを握る党員・サポーターや地方議員に電話をかけ、支持を訴えた。記者団に対しては、若狭勝衆院議員が代表を務める「日本ファーストの会」を含めた野党再編について「まずは単独で自分たちの努力で政権を目指す」と距離を置く姿勢を示した。憲法改正については、衆院解散権の制約に関しては党内議論ができるとの認識を示した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ