対北「今は圧力強めるべき時」 河野太郎外相と小野寺五典防衛相が米大統領補佐官と会談

 【ワシントン=杉本康士】日米外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2)出席のためワシントンを訪問中の河野太郎外相と小野寺五(いつ)典(のり)防衛相は16日午後(日本時間17日午前)、マクマスター大統領補佐官(国家安全保障担当)と会談した。グアムを標的とした弾道ミサイル発射計画を公表した北朝鮮について「今は国際社会で一致して圧力を強めるべき時だ」との認識で一致した。

 会談では、国連安全保障理事会が新たに採択した対北制裁決議を厳格かつ全面的に履行する重要性を確認した。また、日米同盟強化に向けて取り組むとともに、日米両国がそれぞれの防衛態勢と能力向上のため具体的な行動を進めることも申し合わせた。

 河野氏は会談で「中国とロシアのさらなる役割が重要だ」として、北朝鮮に影響力を持つ中露両国に圧力強化を働きかける考えを改めて表明した。小野寺氏は「不測の事態発生の回避を図る必要があり、わが国もBMD(弾道ミサイル防衛)態勢を確立している」と語った。

 これに先立ち、河野、小野寺両氏は16日午後、ワシントン郊外の戦没者が眠るアーリントン国立墓地で献花した。小野寺氏は米シンクタンク戦略国際問題研究所(CSIS)のハムレ所長とも面会した。

 両氏は17日午前(日本時間同日夜)に2プラス2に臨み、北朝鮮問題や南シナ海で軍事施設建設を進める中国への対応を協議するほか、日米双方の防衛力強化に向けた具体策について話し合う。2プラス2の開催は、トランプ米政権発足以降初めてとなる。

 一方、外務省は16日、河野氏の訪米に合わせて調整していたロス商務長官との会談を見送ることを発表した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ