民進党代表選 党内5グループが前原誠司元外相を支援 国会議員票では枝野幸男前幹事長が劣勢

 民進党代表選(21日告示、9月1日投開票)の党内グループの支持動向が9日、ほぼ出そろった。前原誠司元外相が5グループ(計約80人)の支援を取りつける一方、枝野幸男前幹事長は1グループ(約20人)にとどまり、前原氏が国会議員票で一歩リードしている。ただ、代表選は「ポイント制」で争われ、総ポイントの約半数は地方議員らの票で占められるため、流動的な側面もある。

 党内グループ「自誓会」(約15人)は9日の会合で前原氏の支援を決めた。

 一方、菅直人元首相グループ(約5人)は同日、自主投票の方針を確認した。ただ、菅氏は枝野氏を支援する意向を固めており、この日のグループ会合に枝野氏を招いて代表選で訴える政策の説明を受けた。

 前原氏は自誓会の他にも、自身が率いる「凌雲会」(約20人)や大畠章宏元国土交通相のグループ(約15人)など4グループの支援をとりつけている。

 これに対し、枝野氏支援を決めたのは旧社会党系の赤松広隆前衆院副議長グループ(約20人)だけで、個人で枝野氏を応援する議員を合わせても50人程度にとどまりそうな情勢だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ