公明・山口氏「今は状況にない」 民進・枝野氏「賛成の余地ない」首相発言に異論相次ぐ

 安倍晋三首相(自民党総裁)の憲法改正をめぐる発言に対し、公明、民進両党の幹部は6日、相次いで異論を唱えた。公明党の山口那津男代表は広島市内で記者会見し、首相の「与党で(憲法改正)案を考えなければならない」との発言について否定的な考えを示した。

 「憲法改正は国会が発議することを考えると、与党の枠組みはあまり意味がない。与党も野党もなく、議論を深めて合意を形成していく」と述べた。「成熟した国民の合意形成が確かめられて改正すべきだが、今はそういう状況にない」とも語り、性急な改憲論議を牽制した。

 民進党代表選への出馬を表明している枝野幸男前幹事長(党憲法調査会長)は、憲法9条1、2項を維持した上で自衛隊の存在を明記する首相の改憲案について「明確に反対だ」と主張した。安倍政権による集団的自衛権の解釈変更を追認することになるという立場から「綱領に照らして、わが党に賛成する余地はない。党内に異論はない」と強調した。東京都内で開かれた憲法に関するトークイベントで語った。

 一方、民進党の蓮舫代表は、首相が秋の臨時国会への自民党改憲案の提示方針について「スケジュールありきではない」と軌道修正したことを批判した。「首相は憲法のことで口を開けば言うことが毎回違う。首相に引きずられることなく民進党の議論をしていきたい」と強調した。広島市で記者団に語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ