首相発言は「相手にしない」、民進・枝野氏 憲法改正

 9月1日の民進党代表選への出馬を表明している枝野幸男憲法調査会長は5日、さいたま市で開かれた党主催の集会で、安倍晋三首相(自民党総裁)が目指す憲法9条への自衛隊明記に党として反対する姿勢を重ねて示した。「安倍政権は『集団的自衛権は行使できない』という憲法解釈を一方的に変更した。これを前提に自衛隊を明記すれば、海外の紛争への武力介入を追認することになる」と述べた。

 その後、記者団に対し、首相が同日のテレビ番組で野党を含む幅広い合意を目指す姿勢を示したことに対して「大事なことであれば国会などで発言しないとおかしい。あまり相手にしないほうがいい」と語った。

 集会は、党員・サポーターらを対象にした「憲法草の根集会」の初会合。

 枝野氏は集会で、憲法改正の可否を検討している項目として、「知る権利」の保障強化▽衆院解散権の制約▽国と地方のあり方-の3点を挙げた。その上で「(国会での)発議までに幅広い国民合意が形成されることが重要だ。強い異論を押し切って発議すべきではない。合意できうるかを慎重に見極めながら議論を進める」と強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ