新閣僚に聞く 加藤勝信氏「受動喫煙防止対策実現する」 拉致担当副大臣新設は困難

 --「高度プロフェッショナル制度」を含む労働基準法改正案の国会審議をどう考えているか

 「現時点でこの労基法改正案は継続審議になっている。一方、長時間労働の是正にかかる労基法改正案については法律の要綱をこれから労働政策審議会に出す。同じ法律の改正で2つの法律が出るという混乱を招きかねないような状況を回避するため、これを1つにまとめて議論してきた流れがあるので、それを踏まえて対応する」

 --受動喫煙の防止対策を強化する健康増進法改正案について、自民党側に歩み寄る考えはあるか

 「安倍晋三首相から受動喫煙対策を徹底することと早期に法案を提出することの指示を受けているので、これをしっかり実現すべく努力したい。幅広く皆さん方のお話を聞きながら、この指示に沿って答えを出したい」

 --厚生労働相と拉致問題担当相の兼務は可能か

 「私が拉致問題担当相になってこの2年間、1人の拉致被害者の方の帰国の実現、それに向けての道筋ができていないのは大変忸(じく)怩(じ)たる思いだ。しかし、私としてはできる限りの対応はさせていただいているつもりだし、これまでも拉致被害者のご家族とはさまざまな機会にお話をさせていただきながら、そのお気持ちも十分に共有させていただいているつもりだ」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ