米軍基地統合 防衛省、8月から施設整備 普天間も一部先行返還

 沖縄県の嘉手納基地(嘉手納町など)より南にある米軍基地の統合・返還計画をめぐり、防衛省が8月から統合先の施設整備に初めて着手することが15日、分かった。普天間飛行場=宜野湾(ぎのわん)市=の一部も先行返還を実現し、8月1日に開く予定の返還式典に菅義偉官房長官らが出席する方向で調整中。普天間飛行場の名護市辺野古移設の工事と並行し、沖縄の基地負担軽減が具体化に向け進展する。

 日米両政府は平成25年4月、沖縄の米軍基地の統合・返還計画で合意した。計画の柱となるのは、極東一と呼ばれる広大な兵站(へいたん)補給整備基地として軍需物資や生活用品を貯蔵している牧港(まきみなと)補給地区(浦添市)の統合・返還。那覇市の市街地に近い牧港補給地区は返還後の跡地利用への期待が地元では大きい。

 牧港補給地区の返還に向け、10棟以上ある巨大な倉庫群を沖縄本島中・北部にある嘉手納弾薬庫地区(沖縄市など)などに移し、機能を統合する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧