小池百合子氏が頼りにする男は「野心家」 都民ファーストの会代表、野田数氏の実像

 東京都議選の投開票日翌日の3日、「二元代表制への懸念があることを想定し知事に専念する」として、小池百合子都知事(64)が「都民ファーストの会」代表を退いたため、代表に再就任した野田数(かずさ)氏(43)。これまで、小池氏の側近中の側近としてさまざまな局面で存在感を発揮してきた。現職都議ではないにも関わらず、新たな構成でスタートする都議会のキーマンにもなりそうな野田氏とはどんな人物なのか。(社会部 大泉晋之助)

■衆院補欠選や千代田区長選でも戦略

 「1年間、ずっと選挙ばかりだよ。さすがに疲れた」

 都議選での都民大勝を受け、満足げな表情を浮かべつつこう語った野田氏。昨年6月には事実上スタートしていた都知事選で、野田氏は小池氏の選対責任者を務めた。その後は、小池氏の知事転身に伴う衆院東京10区補欠選挙での若狭勝氏支援、今年2月に行われた“都議会のドン”こと内田茂氏のおひざ元の千代田区長選、今回の都議選と、小池氏が深く関与する選挙が続いた。その裏には必ず野田氏の姿があった。

 「選挙は告示前に終わっている」と語る野田氏。各選挙で小池氏サイドの陣営に入り、“小池人気”を支える無党派層の動向を分析し、選挙戦の戦略を練ってきた。対立する自民票の切り崩しに向けて、普段は自民支援だった業界・団体の小池氏サイドへの“宗旨変え”も実現させたといわれる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧