慰安婦 釜山市条例に岸田文雄外相「わが国と相いれない」

 岸田文雄外相は30日午前の記者会見で、韓国・釜山市議会が市内の日本総領事館前に設置された慰安婦像を保護・管理できるようにする条例を可決・成立したことについて「慰安婦像の設置を固定化する動きはわが国の立場と相いれない」と不快感を表明した。

 岸田氏はまた「一昨年の日韓合意は慰安婦問題が最終的かつ不可逆的に解決されたことを確認した」と強調した。合意では違法設置された慰安婦像について「韓国政府としても適切に解決されるよう努力する」と約束しており、岸田氏は「韓国側にあらゆる機会をとらえて合意の履行を求めていきたい」と強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ