連休分散「キッズウイーク」小中、市区町村ごとに時期決定 地域事情に対応

 政府が、学校などの長期休暇の一部を地域ごとに別の時期に分散してつくる新たな大型連休「キッズウイーク」について、小中学校は市区町村、高校は都道府県単位とする方向で検討を始めたことが25日、分かった。7月中にも官民合同会議で本格的な議論を始め、必要な政令を改正した後、協力自治体を募る考えだ。

 キッズウイークを、小中学校は市区町村、高校は都道府県という運営主体ごととするのは、対象となる学校数が多くなく、設定がしやすいため。「祭り」などのイベントに合わせて設定でき、地域の事情に応じた取り組みにも配慮できる。

 先行するフランスのように、全国をブロックに分けて時期を統一すべきだとの意見がある。ただ、複数の都道府県にまたがる大きな「単位」では意思統一に時間がかかる恐れがある。

 また、近隣自治体が協力し、キッズウイークの時期をそろえる取り組みは妨げない。冬休みが長い地域では冬休みからの移行を認めるほか、移行日数も5日にこだわらないなど、柔軟に対応する考えだ。

 制度の円滑な運営に向け、学校教育法施行令も改正する方針。「自治体の教育委員会が学校休業日を定める」としている条文を、「地域の祭りなどに子供らが参加しやすいよう、教委が休業日を柔軟に変えられる」という趣旨の文言に変更することを検討する。

 自治体の管理下にない私立学校については、公立への普及の状況をみながら、協力を促していく。

 キッズウイーク 小中学校、高校などの夏休みといった長期休暇の一部を地域ごとに別の時期に振り分け、企業や官公庁には有給休暇を取得しやすい環境整備を促してつくる大型連休。「休み方改革」を進めるとともに、観光需要を創出して個人消費の拡大につなげるのが狙い。具体的には、夏休みの最終週5日間を他の時期の平日に移し、土日と合わせて最大9連休も可能にする。平成30年度導入を目指す。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧