加計学園問題 安倍首相「時間がかかったことは率直に反省」 文部科学省の再調査について

 安倍晋三首相は16日の参院予算委員会の集中審議で、学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設計画をめぐり、「総理のご意向」などと記された内部文書が存在するとした文部科学省の再調査について「対応に時間がかかったことは率直に反省したい」と述べた。「さまざまな批判があることについて真摯(しんし)に受け止めたい」とも強調した。一方、計画そのものに関しては「関係法令に基づき適切に実施している。個別具体的に指示をしたことは一度もない。進めてきたプロセスには一点の曇りもない」と重ねて訴えた。

 野党による前川喜平前文部科学事務次官の証人喚問の要求には「国会で決めてほしい。お決めいただければ従うのは当然のことだ」と述べるにとどめた。

 菅義偉官房長官は、「総理のご意向」などと記された文書を「怪文書」と表現したことについて「現在の認識ではない」と答弁し、発言を事実上撤回した。

 山本幸三地方創生担当相は、文科省が新たに明らかにした、萩生田光一官房副長官の指示があったとするメールの送信者に関し、「文科省からの出向者で、陰に隠れ本省にご注進したものだ」と説明した。前川氏の「行政がゆがめられた」との主張に対しては「本当にそうならば抵抗して証拠を示さなければならなかった」と反論した。

 一方、民進党の山井和則国対委員長は16日、自民党の竹下亘国対委員長と会談し、萩生田氏と内閣府の藤原豊審議官の証人喚問を求めた。竹下氏は「検討して返事をする」と応じた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ