受動喫煙調整難航「分かろうとしない閣僚いる」竹下国対委員長、塩崎厚労相を批判

 自民党の竹下亘国対委員長は4日、津市で講演し、政府、与党内の調整が難航している受動喫煙防止の健康増進法改正案を巡って、塩崎恭久厚生労働相に苦言を呈した。「分かろうとしない閣僚がいて、妥協が成立しない。自分の言うことだけ通れば、政治はいらない」と述べた。

 塩崎氏が飲食店の原則禁煙を主張しているのに対し、自民党は例外の拡大を検討している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ