加計学園問題で民進・蓮舫代表「内閣総辞職に値」 野党攻勢、与党は静観の構え

 学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)の大学獣医学部新設計画をめぐり、野党は18日、文部科学省などが作成したとされる記録文書を問題視し、安倍晋三首相への批判を強めた。愛媛県今治市への国家戦略特区指定を急ぐ「総理のご意向」があるとの内容について、民進党の蓮舫代表は事実関係次第では首相の進退が問われると指摘した。菅義偉官房長官は首相の関与を重ねて否定したが、野党は終盤国会で最大の争点にする構え。

 「官僚による究極の忖度(そんたく)があったと疑わざるをえない。(文書の内容が事実なら)内閣総辞職に値する内容ではないか」

 蓮舫氏は18日の記者会見で、民進党が入手した記録文書には、首相が知人の加計孝太郎理事長に配慮し、特区指定を急いでいた様子が読み取れると強調。政府に文書の真偽を速やかに明らかにするよう求めた。

 民進党の「加計学園疑惑調査チーム」は同日の会合で、問題の文書に登場する文科省と内閣府などの担当者を呼び真偽を追及。政府側は「調査中」などとして事実関係の回答を避けた。同チームは19日に愛媛県で現地調査も行う。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧