菅義偉官房長官、塩崎恭久厚労相に自民との調整指示 受動喫煙防止で

 菅義偉官房長官は17日、塩崎恭久厚生労働相と首相官邸で会談し、受動喫煙の防止対策を盛り込んだ健康増進法改正案をめぐり、自民党との調整を急ぐよう指示した。「2020年東京五輪・パラリンピックを控えており重要だ。塩崎氏が先頭に立ち、法案を取りまとめてほしい」と述べた。塩崎氏は、今国会への法案提出を目指す考えを重ねて示した。

 厚労省は改正案骨子を策定したが、自民党内に反発が強く、党内議論に入れない状況。菅氏は記者会見で、政府の立場について「世界保健機関(WHO)の意見、過去の五輪開催国の対応を参考に、効果的な受動喫煙防止策を講じるよう努力している」と強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ