自民「歴史を学び未来を考える本部」、連休明けに再開へ 

 自民党の中曽根弘文元外相は13日、会長代行を務める二階派の例会で、明治以降の歴史を研究する党の「歴史を学び未来を考える本部」について、本部長を谷垣禎一元幹事長から高村正彦副総裁に交代させ、5月の大型連休明けに再開させる考えを明らかにした。

 同本部は一昨年11月の立党60年記念式典に合わせて安倍晋三首相(党総裁)直轄の組織として設置され、有識者を招いて連合国軍総司令部(GHQ)による占領政策などについて検証してきた。昨年7月の谷垣氏の自転車事故を受け、活動を休止していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ