テロ等準備罪 「国会審議入り断念を」民進・山井和則国対委員長

 民進党の山井和則国対委員長は21日、政府が共謀罪の要件を厳格にした「テロ等準備罪」を閣議決定したことについて「本質的には今まで3度廃案になった共謀罪と変わらない」と批判したうえで、今国会の審議入りを断念するよう求めた。国会内で記者団に答えた。

 山井氏は、衆院法務委員会での主な答弁者を務める金田勝年法相が、これまでの国会答弁で混乱したことも踏まえ「金田氏では、この問題法案の説明責任を果たせるとは到底思えない」とも述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ