豊洲問題 元市場長4人を証人喚問 午後から東京都議会の豊洲百条委

 豊洲市場(東京都江東区)の移転問題を検証する東京都議会の調査特別委員会(百条委員会)は18日午後、現副知事の中西充氏を含め、豊洲の用地売買交渉に関わった都の担当部局「中央卸売市場」の元市場長4人を証人喚問する。ガス工場跡地の土壌汚染対策をめぐり、地権者だった東京ガスとの交渉経緯などを質疑する。

 ほかの3人はいずれも退職者の森沢正範氏と比留間英人氏、岡田至氏。4人は平成15~24年に市場長を務めた。

 18日はほかに、豊洲の用地の購入価格を了承した都財産価格審議会の元会長と現会長、不動産鑑定を依頼した業者の担当者2人も証人喚問する。

 百条委は11日から証人喚問が始まり、都や東ガスの元幹部ら11人が証言した。19日に、用地買収交渉のキーマンだった浜渦武生元副知事、20日には石原慎太郎元知事が出頭する予定。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧