“スベッた”関西弁 「そんなもん関係あるか、ボケ」も登場した経産省作成の大阪万博検討報告書に批判の嵐

 【経済インサイド】

 2025年国際博覧会(万博)の誘致検討委員会で、経済産業省が示した関西弁版の報告書が物議を醸している。不適切な表現も含まれているとされ、公開からわずか1日で撤回された。世耕弘成経済産業相にも「関西人の私がみてもセンスの良い内容だと思えない」と切り捨てられ、15日には元になった“東京弁”版も非公開になった。

 問題となったのは13日に発表された「2025年国際博覧会検討会 報告書(案)~関西弁バージョン(試作品)~」という資料。元になった報告書の4ページ目から10ページ目までに記載された開催の意義や基本理念、テーマなどを関西弁に“翻訳”したものだ。経産省によると、大手広告代理店の電通や省内に設置した2025年国際博覧会推進事務局の関西出身者らを中心に作成したという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧