朴政権崩壊 自民・茂木敏充政調会長 慰安婦問題めぐる日韓合意「しっかり引き継がれることを期待」

 自民党の茂木敏充政調会長は10日、韓国憲法裁判所が同日に国会で弾劾訴追された朴槿恵大統領を罷免する決定を言い渡したことについて、「隣国である韓国のこれからの政治がどうなるか注目したい」と推移を見守る考えを示した。都内で記者団の取材に答えた。

 朴氏失職に伴う次期大統領選は候補者同士の反日合戦になり、新政権下では慰安婦問題をめぐる一昨年の日韓合意がほごになるとの懸念が浮上している。茂木氏は「国際的な合意は当然引き継がれていくのがこれまでの慣行だ」と強調した。

 その上で「どなたが大統領になり、どなたが新しい政権をつくっても、引き継がれることを期待している」と述べ、韓国の次期政権下でも日韓合意は履行されるべきだとの認識を示した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ