社民党が永田町から撤退 「家賃負担3分の1」隅田川沿いへ 吉田忠智党首「持続可能な財政運営」

 社民党は26日、全国代表者会議を東京都内で開き、首相官邸近くにある党本部を東京都中央区の隅田川沿いにある民間ビルに移転すると正式に発表した。又市征治幹事長は会議後の記者会見で「(現在の年間四千数百万円の)家賃負担は3分の1程度に減り、選挙費用に回せる」と述べた。5月8日に始動する。

 党本部の移転は、平成25年に約半世紀「三宅坂」の愛称で親しまれた旧党本部「社会文化会館」から、現在のビルに移転して以来となる。今回は党勢低迷による政党交付金の減額などを受け、安い物件への移転を検討。吉田忠智党首は記者会見などで「持続可能な財政運営をしながら、党の再建・再生を図っていく」と述べていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ