「拉致問題忘れないで」山口で被害者・失踪者家族が集会

 北朝鮮による拉致被害者と拉致の可能性が否定できない「特定失踪者」の家族や支援者らが18日、山口市内で集会を開き、日朝交渉が停滞している現状への焦りを口にし、「拉致問題を忘れてほしくない」と訴えた。

 昭和53年に鹿児島県で拉致された増元るみ子さん(63)=拉致当時(24)=の弟、照明さん(61)は「今の政府のやり方で拉致被害者は取り戻せない。本気で解決する気がないのではないか。家族は絶対に諦めきれない」と国への不信感をあらわにした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ