受動喫煙防止策、自民部会で反対続出 「厳しい規制はなじまない」など

 自民党が8日の厚生労働部会で、政府がまとめた受動喫煙防止の強化案について議論したところ、反対意見が続出し、賛成は少数にとどまった。厚労部会の幹部は「たばこを吸う側の権利主張が活発だった一方、他人の煙を吸わされない権利についてはほとんど意見がなく、残念だ」と語った。

 2020年東京五輪・パラリンピックに向け、厚労省がまとめた強化案は、病院や学校の敷地内は全面禁煙とし、飲食店などは喫煙室の設置を認める内容。部会の出席議員からは「(しこう品に)厳しい規制はなじまない」といった主張のほか、「小さい飲食店では設備投資が難しい」との意見もあった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ