衆院東京10区補選 小池知事「若狭、小池コンビが東京、日本で頑張る」民進・野田氏「小池都政の信任をする選挙ではない」と牽制

 衆院東京10区(豊島区、練馬区の一部)の補欠選挙は22日、選挙戦最終日を迎えた。事実上の与野党一騎打ちで、自民党前職の若狭勝氏(59)=公明推薦=の応援には東京都の小池百合子知事が、民進党新人の鈴木庸介氏(40)の元には野田佳彦幹事長が駆け付けてマイクを握った。

 小池氏は「東京と国がしっかりワークするように勝たせてください。若狭、小池コンビが東京、日本で頑張ってまいります」と述べた。午後6時過ぎの練馬区に続き、7時過ぎから池袋で行われた最後の街頭演説にも登場し、「安全安心のプロの若狭さんを国会に送り、国と都がしっかり連携してこそ(災害対策に)効果が出てくる」と訴えた。

 野田氏は、7時半に鈴木氏が生まれ育った大塚駅前に現れ、「大勢の人に集まっていただき、地元の人情の機微を感じる」と支持者をわかせ、「衆参に自民党議員が増えては意味がない。今必要なのは野党のチェック機能だ」と述べた。

 さらに、「小池都政の信任をする選挙ではない」とトーンを上げ、若狭陣営を牽制(けんせい)した。

 幸福実現党新人の吉井利光氏(34)は池袋で演説を締めくくった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ