豊洲市場問題 指針7倍の水銀検出 健康に影響「直ちにはない」再設置の専門家会議初会合

 築地市場(東京都中央区)の移転先となる豊洲市場(江東区)の主要施設下に土壌汚染対策の盛り土がなかった問題で、土壌汚染対策の安全性を検証する「専門家会議」の再設置後初となる会合が15日、築地市場で開かれた。都は豊洲市場の施設の地下空洞の大気中から、国の指針値の最大7倍の水銀が検出されたと発表。同会議は「直ちに健康に影響はない」との見解を示す一方、原因は不明としており、詳しく調査する。

 同会議の指示で都が9月下旬と10月上旬、豊洲市場の主要施設の1階と地下空洞の空気を測定。青果棟の地下空洞で指針値(1立方メートル当たり0・04マイクログラム)の5~7倍となる0・20~0・28マイクログラムの水銀を検出。水産卸売場棟では0・044~0・045マイクログラムと指針値をわずかに上回った。

 委員らは地下空洞のたまり水が気化し、密閉された状況で水銀濃度が上がった可能性などを指摘。平田健正座長(放送大学和歌山学習センター所長)は、地下空洞を換気した後に再度観測することを含め検討していくとした。

 築地市場の業者も傍聴。水産仲卸売場棟と水産卸売場棟を結ぶ連絡通路の地下で、環境基準を超えるシアン化合物やベンゼンが検出されたことをただす質問が上がり、都側は土や遮水壁などで封じ込めていると強調。一方、同会議は環境や人への影響を精査することを確認した。

 平田座長は終了後の記者会見で、地下水モニタリング調査の一部の地点で環境基準を上回るベンゼンとヒ素が検出されたことについて「超えた地点は2年間の調査を継続する」と説明。都によると、法的には豊洲市場の開場に影響を与えないという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ