横田めぐみさんの同級生が再会誓うコンサート 早期の拉致問題解決を訴え

 昭和52年11月に新潟市から北朝鮮に連れ去られた横田めぐみさん(51)=拉致当時(13)=の小、中学校の同級生が11日、新潟市で、めぐみさんとの早期再会を誓うチャリティーコンサートを開いた。同級生は中学生時代のコンクールでめぐみさんと歌った「翼をください」を合唱。めぐみさんの一日も早い帰国を祈った。

 平成22年から行われ、今回で7回目。これまではめぐみさんの父、滋さん(83)と母、早紀江さん(80)が毎回参加していたが、高齢で遠方での活動は難しくなったため欠席。めぐみさん本人に加え、両親も不在の中での開催となった。

 コンサートでは、めぐみさんの中学校時代の同級生でバイオリニストの吉田直矢さん(52)が演奏を披露。吉田さんは「毎回来られていた早紀江さんと滋さんが今年から来られなくなりました。本当にそれだけの時間がたってしまっている。このことを身にしみて感じています」と話した。

 めぐみさんの小中学校の同級生で「同級生の会」代表の池田正樹さん(52)は、めぐみさんが拉致されたときの滋さん、早紀江さんの年齢に触れ、「その年もわれわれはとっくに超えてしまって、それを思っただけでこの(めぐみさん拉致事件から)39年という長い時間を感じてしまいますし、むごさも感じる。本当に早期解決を祈るばかりです」と一刻も早い被害者の帰国実現を訴えた。

 今回のコンサートには、世界的に活躍するバイオリニストの五嶋龍さんがビデオで、「めぐみちゃんのお母さん、五嶋龍です。気を落とさずに頑張ってください」と早紀江さんにメッセージを寄せた。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ